意外と気になるホットヨガで流れ出る汗のニオイ、予防する方法

大量の汗を出して行うホットヨガですが、汗のニオイが周りにバレないかヨガに集中できなくなってしまう人もいるでしょう。
女性にとってダイエット効果のあるホットヨガですが、気になる汗のニオイはどうしたら良いのでしょうか。
そんな汗の疑問をすっきり解決するための情報を集めてみました。

 

ホットヨガの汗対策法

 

ホットヨガは高温室の中で行っていくため、皮膚の細菌と汗が大量に出てくるため、ニオイを発生させやすくなってしまいます。
ホットヨガ教室のほとんどでは、アロマを使ったり室内の消臭対策をしているようですが、それでも女性は周りの人のニオイが気になったり、自分の汗のニオイに敏感になりやすいです。
汗を大量にかいてしまうとなかなか消臭対策ができなかったりします。
周囲に自分の体臭が分かってしまうことが嫌な方は、衣類用の防臭スプレーを使いましょう。
ヨガウェアにスプレーをかけておくだけで汗のニオイ対策が取れます。
またヨガ教室に向かう前に、柿タンニンや炭などの殺菌成分が配合された石鹸やボディソープで、体を洗っておいたり、制汗剤を塗って行くことをおすすめします。

 

優れた匂い対策アイテムとは?

 

いざレッスンが始まってから、時間が経たないうちにウェアが汗臭くなってしまうという方もいると思います。
そこで「オスバン」は、皮膚や器物の殺菌・消毒に使用される消毒液ですが、これがウェアの汗の臭い防止に役立ちます。
これはヨガインストラクターの間でも愛用者が多い優れもので、ある程度の汗のニオイをブロックしてくれます。